スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

アクアミド注射の効果と方法

ヒアルロン酸注射

 アクアミド注射とは、ソフトコンタトレンズと同じ原料から作られるジェル状の成分で、シワ取りやプチ整形などに用いられる注入剤の注射のことです。 アクアミド注射の注入剤の成分は、約98%が水分という非常にうるおいのある成分で、感覚的にはこれまでプチ整形でよく用いられているヒアルロン酸注射とよく似ています。

 しかし、アクアミド注射がヒアルロン酸注射と最も違うところは、非吸収成分を用いているということです。 つまり、アクアミドは化学的に安定な物質であり、ヒアルロン酸のように時間が経てば体内に吸収されるということはなく、その効果が半永久的に持続するとされています。 アクアミドは現在の市場に出回っているプチ整形の注入物の中で最も長い持続力と高い水分量を持ち合わせているのです。

 アクアミド注射のもう一つの特徴は安全性の高さです。 アクアミド注射は、ヨーロッパではCEマークを取得し安全性も高いとされていて、10年間使用してもアレルギーの心配がないとされています。

 アクアミド注射の方法もヒアルロン酸注射とほぼ同じで、プチ整形する部分に注射器で注射するだけで、メイクも当日から可能という手軽さです。

 このように、効果と方法の面で、アクアミド注射は「ヒアルロン酸注射の進化形」とも言えるでしょう。 ヒアルロン酸注射の手軽さ・安全性はそのままに、効果の持続性をプラスしたアクアミド注射は、今後ますます注目されること間違いありません。 ただ、効果が半永久的ということですから、技術的にしっかりとした美容整形外科で施術を受けたいものです。

スポンサーサイト
ブックマークに追加する

«ヒアルロン酸注射の方法と効果 | トップへ戻る |  美容整形外科医に賠償命令»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。