スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

ボトックス注射の効果と方法

ボトックス

 ボトックスとは、シワの原因になる顔の表情筋を弛緩させて動かなくし、目尻や額、眉間のシワができないようにするプチ整形の方法です。

 ボトックスは、「ボツリヌス菌毒素」というものを表情筋に注射して行います。 ボツリヌス毒素は、もともと毒性が強く、食中毒の原因になります。 しかしながら、プチ整形のボトックスに見られるように、この毒性を上手く利用して、斜視・痙性斜頸・眼瞼けいれん・多汗症など、筋肉を弛緩させることで治療できる症状に、医学的に応用されています。

 もちろんプチ整形においても、ボトックスはシワを取ることができるということで用いられているのですが、特に額にできる横シワを取るのに効果があるとされています。

 しかし、シワというのは、ある意味、生き生きとした表情が作り出すものです。 ボトックスによって表情筋を動かなくするということは、無表情な印象を作り出す可能性があるというデメリットも考慮しなければなりません。

 また、筋肉を動かさなくするので、顔の筋肉が発達してエラが張っている人がエラを小さくするために用いる場合もあるそうです。 動かさない筋肉は小さくなっていくという原理を応用しているのです。

 ボトックスは毒素を利用しているプチ整形ということで、ボトックスの副作用を心配している方もいるでしょう。 しかし、ボトックスの効果は永久的なものでなく、数ヶ月から1年程度と言われています。 しがたって、プチ整形で使われるボトックスは一般的には取り返しのつかない副作用をもたらす効果は通常ありません。 ですが、信頼できる美容皮膚科を選び、術後の指示をしっかり守ることが大切です。 副作用としては目の腫れ、倦怠感、頭痛、注入時の感染症、急激な血圧低下などが報告されています。

スポンサーサイト
ブックマークに追加する

«血小板注射の料金・痛み・副作用など | トップへ戻る |  プラセンタ注射の効果»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。