スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

血小板注射の料金・痛み・副作用など

血小板注射

 血小板注射を実際に美容外科で行うにあたって、いくつかの疑問・質問があると思います。美容外科のホームページを見れば、実際の症例の写真と共に、血小板注射に関する質問・疑問についてわかりやすく解説していますが、このページでも血小板注射についても代表的な質問に回答したいと思います。

 まず、血小板注射に痛みはあるのかということですが、もちろん注射ですから、ある程度の痛みは伴ないます。ですが、塗る麻酔薬やテープ状の貼る麻酔薬によって注入する部分に麻酔をかけますので、注入による痛みは最小限に抑えられます。

 次に、血小板注射にかかる時間ですが、美容クリニックにもよりますが、麻酔や血液採取、血小板の注射まで含めて全部で30分から1時間程度のようです。

 また、血小板注射が終わったあとの痛みや腫れなどについてですが、注射後1,2日程度は若干の腫れや異物感があるようですが、個人差があるようです。また、血小板注射の直後数時間程度は赤味が出るようです。

 血小板注射後のケアについてですが、当日からメイク、洗顔、シャワーはOK。入浴、運動、飲酒は、その日一日だけガマンする必要があります。キレイになるためですから、これくらいはガマンしなくてはいけませんね。

 血小板注射の副作用についてですが、これまでアレルギー反応が出たという報告はないそうです。自分の血液成分を使う方法ならではの強みと言えるでしょう。

 最後に血小板注射の料金ですが、いくつかの美容外科を調べると、20万円から30万円程度が相場のようです。もちろん、注射する部位や量によっても違いますが、決して安価な方法ではないので、血小板注射を申し込む前に、しっかりと自分でクリニックのホームページなどで調べたり、実際に美容外科でカウンセリングすることをお勧めします。

スポンサーサイト
ブックマークに追加する

«血小板注射の方法 | トップへ戻る |  ボトックス注射の効果と方法»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。