スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブックマークに追加する

血小板注射とは?

血小板注射とは

 血小板注射とは、美容外科などで用いられるプチ整形の一つで、特に顔や首のシ取るために効果的な方法とされています。

 血小板注射は正しくは「自己多血小板血漿注入療法」、略してACR療法あるいはPRP療法と言います。 美容外科などのホームページを見ると、このように説明されています。

 プチ整形で行われる血小板注射の方法を簡単に説明すると、顔のシワの部分に自分の血液から精製した血小板を注射するという方法なのです。 血小板を注射することで、血小板に含まれている「成長因子」と呼ばれるホルモンが、老化によって弱った皮膚の細胞に作用し、皮膚の細胞の働きを若返らせ、肌にハリとツヤをもたらすというアンチエイジング効果があるのです。 この血小板の「成長因子」をシワの部分に集中的に注射することで、顔や首のシワやタルミを取ることができるとされています。

 また、血小板注射はシワ取りのようなプチ整形だけでなく、ニキビ跡や妊娠線の治療にも応用されているとのことです。 皮膚細胞の働きを活発にするという原理は同じですから、当然と言えば当然でしょう。

 血小板注射は一般の女性の間で新しいプチ整形として注目を浴びているだけでなく、なんとニューハーフの間でも人気なのです。 ニューハーフの方はもともと男性なのですから、人一倍きれいになるための努力は惜しみません。 美容にかけるお金と知識は一般の女性以上です。 あるアンケートによると、一般女性よりも平均15倍ものお金をエステやプチ整形、デトックスなど美容に投資しているそうです。 そんな彼女たちの間で話題の血小板注射ですから、これはしっかりチェックすべきキーワードですね。

[LINK] 亀田vs内藤

スポンサーサイト
ブックマークに追加する

« | トップへ戻る |  血小板注射の長所と短所»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。